nalnalのブログ

38歳で出産、あっという間に四十肩…でも頑張る!

四十肩…回復傾向??

出産後半年で、みごとに両肩が四十肩となり早半年以上。

久しぶりに、肩の現状を記録。誰も興味無いだろうなぁ(笑)。いやいや、いつの間にかなるんですよ〜。育児中で抱っこなど頑張っている皆様、要注意です。

 

さて、現状から言うと肩が上がるようになってきた!!

バイ、超便利〜。棚の上の物が自然に取れる。服を着るのもスムーズになってきた。

 

これ、自分で自分の肩の上がり具合を写真に撮るのが難しくてできないのが残念です。言葉でどこまで伝わるか自信無いです。角度で言うと、真下から右は150度くらい上がる。左は130度くらい。(真上が180度って考え方です。わかりづらいかな。)耳の横までピシッとはまだ無理です。このまま無理って事もあるのかなぁ。自分でストレッチしないと固まってしまうという話も、先生にされた記憶あります(汗)。

 

このストレッチもね〜、痛いんですよ。悪い時は。体が硬い人が開脚の特訓するような痛さかなー?いや、もっと刺すような痛みがあるかな。悪い時期はストレッチも無理〜な感じでしたが、最近はストレッチも気持ち良い感じになってきた!

 

これは完全に私個人の見解ですが、四十肩のリハビリは時期をみてやるべきだと思います。四十肩って、進行の途中にいくつかのステージがあります。人それぞれかもしれないので、私の場合の話ですが。

 

まず最初の痛くて動かなくてしんどい時期。

この時は何をしてもムダ。痛いので、飲み薬と湿布で耐えるのみ。動かさなくてもズキズキ痛みます。夜中は最悪に疼きますー。痛み止め飲んでるのに寝れない。頭痛も併発して地獄でした…。飲み薬よりかは、病院のくれる湿布が効きましたね。皮膚がかぶれたりもしましたけど、貼らなきゃ過ごせなかったので。あの頃、息子は他の人じゃ泣いてしまって預けられず、母に病院に一緒に来てもらって診察中だけみてもらいました。ずーっと泣いてましたけど。。。毎日抱っこで、良くならねーよっ!と思ってた。

 

あと、物が落ちそうになってパッと手を出したりすると激痛。反射的に可動域超えてしまうわけですね。息が止まるほど痛い。しばらくは声も出ず動けないです。息子がお座り練習中で、倒れそうな息子を支えようとして何度も死ぬ目にあいましたー。

 

四十肩って、ただ肩が上がらないだけでは無くて痛みが辛い時期があると知りました。オジサンが肩上がらんわ〜とボヤいてるのが四十肩のイメージだったけど(笑)。

 

そして痛みが治まって、夜寝れる時期。痛み止めも使わなくなりますが、肩の可動域超えると痛いのでその範囲内でひっそり暮らします。ストレッチとかしても痛い。無理に上げてみるけど効いてる感じはあまりしない。毎日するとしんどいので、段々しなくなる(笑)

でも、動く範囲内で生活する事にも慣れてくる時期。不便きわまりないですが、初期よりマシ。夜寝る時は仰向けより横寝。仰向けは、肩を開いて両腕を手のひら上にして伸ばすというのが痛い。普通に寝る姿勢なんですけどね。胸の上で手を重ねるスタイルならなんとか…。でも肩を布団につけるのが痛い。

肩が前側に縮こまっているのかな。ヒィヒィ。

 

そして雪解けの時期。

いまこの辺と予想。肩が動くようになりつつある。布団でも右肩は普通に仰向けで寝れる!左はまだ胸の上。

どちらの腕もストレッチで上にあげても痛くはない。まだ真上には上がらないけど。

着替えも多少はスムーズに。まだ細めのTシャツとか、スリムなジーンズなどはジタバタします。なんていうか、縄抜けみたいな感覚ですかね(やったことないけど)。ジーンズに服の裾を入れ込むために腰まわりに手を入れるのが、難しい。なんか届かない…。

 

もう少しだ。

きっと、もう少しで良くなるはず!

息子はどんどん重くなるけど、まだ歩き出さないけど。もう少しだーっ!!

祈ります。

 

写真は、なんだか噺家みたいな手の動きの息子。歯磨きしなよ〜。

f:id:nalnal:20160602130943j:plain