nalnalのブログ

38歳で出産、あっという間に四十肩…でも頑張る!

排水管が割れていました(えっ?一年前から…)

 こんにちは。九州地方は快晴でまるで夏のような日差しです。風が爽やかなので、まだ5月なのだと感じます〜。昼寝中の息子も気持ちが良さそう。つい寝すぎて夜ねれないのが難点です。

 

さて、タイトル通りでございます。

ご覧ください、見事にパキッと。

f:id:nalnal:20170525142630j:image

気がつかなかった…。。

昨年の地震被害のアンケートでは、壁のひび割ればかりチェックしていたせいか全く気がつかず。いや、気がつかないなんてあるのか…と自分に(主人にも)ガッカリして、落ち込みそうですが。そう言えば、その西側のベランダだけ排水溝がヘドロと緑の苔で汚れていました。ほとんど出入りしないベランダでしたが、何でだろ〜なぁ?いつの間に苔生えた?と薄っすら思ってました。薄っすら…笑。もう自分に笑えます〜。

 

今回、補修工事で作業員さんがベランダに立ち入るため軽く掃除でも…と思って気がついたという。。ギリギリセーフか?と思いきや、今回の作業は壁の補修工事のみとの事。せっかくゴンドラ下がってるのに一緒にはやってくれないとの事。さらには地震保険の範囲内で補修するため、壁の補修工事だけでも費用ギリギリで、パイプの工事費用は別途に理事会で承認が必要らしい。あらま…。

 

管理会社に聞いて見たら、どうやら他の部屋でもパイプの不具合はあるらしく後日現状把握のためのアンケートが回ることになりました。え、そんなら最初からパイプは大丈夫かよく見てください!って注意喚起してほしかったなぁ。。自分達がが見落としていたくせに責任転嫁する私。だって、また工事しにくるわけですよ。今度はゴンドラじゃなくて、個別に訪問かなぁ。すぐ終わるのかなぁ。。うう…。

 

そもそも昨年のような大地震の後の、破損チェックは誰も不慣れだったと思います。どんな場所に注意すべきなのか、チェックのポイントもよく分からずボーッとベランダを眺め回すしかできなかった気がします。地震の後の気持ちの乱れもあって、注意力散漫だったかもしれない。これは管理会社や室内の現状チェックに来た施工会社も同じくなのかも?と思います。あ、ベランダは住人のセルフチェックだけだったので(なぜ…?)、私たちみたいに排水管に目が行き届かなかった人もいたんでしょうねぇ。とにかく、みーんなドタバタしてたんですよ当時はきっと。はぁ。

とにかく、早くゴンドラが無くて、作業員さんが来ない日常に戻りたいです。

 

f:id:nalnal:20170529142525j:image

写真は無事、南側ベランダへ戻ってきた植物達。わずかな日差しを求めて壁際に並んでいます。南側はベランダの軒とコンクリート壁のおかげで、日が当たりません。。午後から西日がさんさんの西側の方が良かったかも??

 

さて、息子が寝過ぎているので起こしますー。

みなさん、良い一日を!